中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

中学受験の戦略

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

| HOME | 合格体験記(R君・R君のお父様) |

更新日 2017-08-10 | 作成日 2011-06-01

合格体験記(R君・R君のお父様)

【R君より】

僕は元々算数が得意ではありませんでした。
それが、熊野先生に家庭教師をしていただくようになり、予習シリーズを中心とした授業をしてもらうことで、サピックスの授業での授業内容もよく理解できるようになりました。
時間を効率的に使えるようになり、結果的にすぐにα1にあがることができました。
そして中数も全部で3年分進め、わからない問題は丁寧に解説をしていただき、様々な解法の中から自分にあった解き方をみつけることができました。
そして、直前期には、実際の問題より難しい問題を時間制限の中でどのように解くかを熊野先生が作ってくださった問題を通して学ぶことができ、入試でも問題をうまく解くことができました。
問題との相性が悪く、無理だと思っていた聖光学院に合格することができました。
二年間授業をしていただき、ありがとうございました。

【R君のお父様より】

熊野先生に初めて算数を教えて頂いたのは、新5年生春の算数教室でした。
塾に通っていましたが、成績が伸び悩んでいたため、家庭教師をお願いさせて頂きました。
わからない分野はゆっくりと考えて納得したい性分でしたので、全範囲の先取り学習によって理解を深められたのはとてもよかったようです。
段階的に問題集のレベルを上げて頂き、無理なく演習量を増やすことができたあたりから、自力で正解できる問題が増えていきました。
集中力に波がありましたが、模試では成績が出せないことが多かったときも、細かく対応策を考えて頂き、前進し続けることができました。
客観的な分析により、不得意分野の洗い出し、補強方法、ミスへの対応などを子供にあった形で考えて頂き、受験勉強が暗礁に乗り上げたときは、熊野先生のアドバイスによって切り抜けたことが多かったです。
体力的にも厳しい受験後半も、熊野先生に教えて頂く時間帯は、楽しくて集中できることがほとんどでした。
理科や社会の成績がうまく上がらず、全体のバランスに悩んでいた時に、算数の勉強量を一定期間減らしても直前で磨き直せば算数の実力は回復できる、と言って頂いたおかげで、直前の厳しい時間管理の中で必要十分な勉強をすることができました。
併願校の選択には特に注意を払いましたが、1月校の受け方や組み合わせのアドバイスも頂き、これがかなり役立ちました。
本来は1月に多くの受験をする予定はありませんでしたが、慣れるまでに時間がかかる本人の性格まで考えておすすめ頂きました。
2月の第一志望に向けての本番慣れという意味で必要不可欠だったと思います。
精神的に追い込まれた2月の入試本番で力を出し切れたのは、ここまでやれることはやったという自信と、積み上げた算数への信頼によりリラックスできたことが大きかったようです。
合格発表を親子で見に行き、番号を見つけた喜びは、一生忘れられないものとなりました。
熊野先生、長い間ご指導いただき、本当にありがとうございました。

【進学先】 聖光学院中学