中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

中学受験の戦略

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

| HOME | 合格体験記(Sさん、Tさんのお母様) |

更新日 2017-08-10 | 作成日 2011-06-01

合格体験記(Sさん、Tさんのお母様)

我が家は双子の女の子で、それぞれ第一志望の豊島岡と桜蔭に合格しました。
合格発表から1か月がたち、中学受験について、落ち着いて振り返ってみる余裕が持てるようになりました。

受験を振り返って、今一番に感じることは、受験を通して子供達が精神的に大きく成長し、これからどんなことにも立ち向かっていけるだけの強さを身に着けたということです。
子供達は受験の直前まで前向きに努力して、受験本番では落ち着いて実力を出し切ることができました。

そして、熊野先生には、合格に向けての道筋を示していただいたと思っております。
熊野先生のような信頼できる先生と巡り合えたことは、私たち家族にとって、大変幸運なことで、熊野先生には深く感謝しております。

熊野先生のご指導を受けたのは小5の夏からで、今思えば遅いスタートでした。
小4になる2月からサピックスに通っておりましたが、子供達が集中力を切らさずに勉強できるのはせいぜい1年だろうと思い、それまではたいしてはっぱもかけず、塾の成績もそれほど気にしていませんでした。
中学受験では特に算数が鍵になるだろうと考えてはおりましたが、気づいた時には、サピックスの授業だけでは遅れを取り戻せない状況になっていました。
そこで、当初は、私自身が子供達に教えようと考えて、アマゾンで評判の良かった熊野先生の御著書を購入いたしました。
ところが、内容を拝読して、合格に導くメソッドには大変共感したものの、私が教えるには限界があると感じ、それなら著者である熊野先生に教えていただくのが一番早いと考え、さっそくご連絡いたしました。

熊野先生は、2人の個性の違いをよく理解してくださって、それぞれに合った方法で教えてくださいました。また、責任感が強く、誠実なお人柄なので、子供たちを安心してお任せできると感じ、ご指導を受けることにいたしました。

当初は志望校が定まっていなかったのですが、しばらくして、熊野先生から御三家を目指してみませんかというお話がありました。多くの受験生をご覧になっている先生のおっしゃることなので、2人には、合格レベルに達するだけの能力があるのだろうと思い、あとは合格を信じて努力するのみと、御三家を目指すことにしました。

熊野先生のご指導方法は、授業は月1~2回程度で、次回の授業までに与えられた課題を自習し、次回の授業で、その課題の理解度を確認するというものです。

途中、熊野先生から出される課題とサピックスの課題でボリュームが増えてしまい、ご相談したところ、サピックスの課題で減らすところを指示していただきました。その際、サピックスのクラス分け対策には手が回らないので、クラスが落ちることもありますとご説明がありました。事実、サピックスでは、受験直前になるまで上のクラスには上がれませんでしたが、あらかじめ伺っていたので、全く気になりませんでした。

授業が終わると、毎回面談の時間を設けてくださり、その日の授業の分析と事前にお渡しした模試の結果の分析についてご説明がありました。また、この時間には、算数以外のことについても、いろいろとお話を聞いてくださり、熊野先生は控えめながらも、いつも的確なアドバイスをくださいました。

例えば、長女はコツコツ努力する子なのですが、次女はマイペースで、気の向いた時に勉強したい子で、試験直前になっても、ゲームで遊んだり、漫画を読んで気晴らしをしていて、親としてはしばしば雷を落としていました。熊野先生にご相談すると、学習の定着状況から、集中するときに集中してやっているようです、他にもそういうタイプのお子さんはいますよとおっしゃるので、ある程度本人のペースに任せることができました。

模試の結果を見ても、ついつい点数や偏差値で成績が上がったとか下がったとか、一喜一憂してしまいがちでした。代り映えのしない成績に小言の一つも言いたくなった時でも、熊野先生が分析してくださると、子供たちの勉強の成果が感じられ、冷静に対応することができました。

また、6年の秋になっても第一志望が決まらなかったのですが、その際には、試験問題が解きやすいとうことは、学校に入ってからの授業も楽しく感じるものだというお話をしてくださいました。
実際に入試試験の相性が良いと勉強もやる気になるようで、国語の相性が決め手の一つになり、長女は豊島岡、次女は桜蔭と違う学校を第一志望にすることになりました。

最後の模試は11月だったのですが、それまでに模試での結果はあまり出ていませんでした。そんな時に、熊野先生が、断片的だった知識が最後の最後に有機的につながっていくという記事をご紹介下さって、まだまだ伸びしろがあると冷静に考えることができ、焦ることなく12月1月と集中して勉強することができました。

こうして振り返ってみると、熊野先生という信頼できる先生にお任せしたことで、親は精神的な負担が減って、子供達に余分なストレスをかけずに済み、子供達も最後までのびのびと自分のペースで勉強を続けることができたのだと思います。

我が家には下に男の子がおり、4年後には受験ですので、その際には是非また熊野先生にお願いしたいと考えております。

私どもの体験記が、これから受験をお考えの皆様に、少しでも参考になれば幸いです。

【進学先】 Sさん:豊島岡中学、Tさん:桜蔭中学