中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

中学受験の戦略

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

| HOME | 合格体験記(W君のお母様) |

更新日 2018-10-14 | 作成日 2011-06-01

合格体験記(W君のお母様)

本気で中学受験を考え始めた4年生の終わり頃、主人が一冊の本を私に手渡しました。
それは熊野先生の著書「比を使って文章題を早く簡単に解く方法」でした。
手書きのタッチで書かれた内容は、どれも分かりやすく親しみやすいもので、
息子は一目で夢中になりました。
その著書で熊野先生が家庭教師をされていると知り、先生に連絡を取ってみようと思ったのが
小学5年の5月、まずは体験という形で授業をして頂くことになりました。

その頃はまだサピックスには入塾しておらず、自宅で四谷の「予習シリーズ」を使い、
のんびりマイペースに学習を進めておりました。
サピックスのテストは定期的に受けておりましたが、
当時算数の偏差値は55前後と難関校受験にはかなり物足りないものでした。
熊野先生の最初の授業後に、まずはできるだけ早く大手進学塾に入塾することを提案されました。
理由は先生の別の著書「算数の戦略的学習法難関中学編」に書かれておりますので
割愛いたしますが、夏期講習から上位クラスに入ることを目標に定め、結果大規模校の
アルファ最上位クラスからスタートできることになりました。

そこからは先生のアドバイスのもと、塾の課題に並行して先生からの自主課題をこなすことに
親子で奮闘いたしました。
親は主にスケジュール管理でしたが、時に膨大な課題にめげそうになる息子を励ましながら、
横に座り何時間も子供に付き合いました。

熊野先生の印象は誠実で真面目そのもの。穏やかで控えめ、決して声を荒げる事はありません。
難関校合格までの道のりを、まっすぐに導く監督のようでもあり、コーチでもあるような
存在でした。
「指導は冷静で優しいけど、授業は最後まで緊張感を持って頭をフル回転させてくれる」
とは息子談。とても充実した楽しい時間だったようです。
毎回授業後には過去のデータをもとに、現時点での状態を的確に分析してくださいました。
論理的で、なるほど!と思うことも多く、また漠然とした不安や悩み(愚痴?)も丁寧に
聞いてくださいました。
大手塾での面談では得られなかった安心感と信頼感が得られ、精神的にゆとりが生まれ
大変助かりました。

熊野先生の指導方法は世間が思っている家庭教師のスタイルとは全く異なるものです。
「普通の家庭教師」のイメージでお願いをすると、戸惑うかもしれません。
基本的には、家庭で自主課題をこなし、授業では先生の綿密な指導計画に則り、
演習中心の授業が展開されます。
6年に入ってからは早期に過去問との相性診断や、志望校の過去問演習まで幅広く
サポートして下さったことは、受験校選定にとても役立ちました。
また、その時々に必要な課題が明確に示されるので、算数の学習においては迷うことが
ありませんでした。
ただし、先生からの課題は膨大(笑)ですので、生半可な気持ちではついていけませんし、
課題をこなすためには親子ともに覚悟も必要です。
それでも迷いなく先生の課題に取り組めたのは、必ず結果が出ると親子で思えたからでした。
実際、息子の算数の成績も指導後まもなく偏差値65以上となり、さらにレベルの高い
問題を入試直前まで解き続けたことで、最難関を狙える位置まで伸びていきました。

結果、本命校のみならず難関である併願校の合格も複数いただけた事は、
熊野先生の戦略的指導なくしては成し得なかった事と、ただただ感謝の気持ちで一杯です。
熊野先生のご指導の積み重ねによって、様々なタイプの入試に対応できる能力が、
知らず知らずに養成されていたのだと、全ての入試が終わった今、改めて実感している
ところです。

<最後に・・・指導を受けるにあたっての大切だと感じたこと>
1、 先生を信じ、先生からの課題は計画的に確実にこなすこと(多少、無理をしてでも!)
2、 熊野先生は「本物の」受験のプロです。アドバイスには素直に従うことが賢明です。
必ず結果が伴いますので。
(課題のこなし方、受けるべき模試の種類、受験校の選定やスケジュールにおける全て)

【進学先】 麻布中学