中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

中学受験の戦略

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

| HOME | 問題が解けない原因と対処法 |

更新日 2017-09-16 | 作成日 2011-06-01

問題が解けない原因と対処法

問題が解けないからと言って、深く考えずに「基礎固め」に
走ったり、無理やり理解しようとするのは危険です。一口に
「問題が解けない」といっても原因は1通りではなく、それ
によって効果的な対処法が違うからです。

「問題が解けない原因」には、次の3通りが考えられます。
(1)前提となる知識がない(不足している)
(2)前提となる知識が不完全である
(3)前提となる知識はあるけれど応用できない

原因を特定するには、1ランク下の(基本の)課題を行うと
はっきりします。

1ランク下の課題を行って、解けない問題が多いのであれば、
原因は(1)です。

解けることは解けるけれど、解法を思い出しながら解くため
時間がかかってしまうのであれば、原因は(2)です。

時間をかけず反射的に解けるのであれば、原因は(3)です。

(1)の場合、さらに1ランク下の課題を行い、上と同様に
原因を特定していく必要があります。

(2)の場合、1ランク下の課題を反射的に解けるようにな
るまで反復練習する必要があります。

(3)の場合、今の課題を変更する必要はありません。解説
を読んだり、質問するなどして、理解していきます。

解けない原因の見極めを誤ることによって、非効率的な学習
を行っている受験生が少なくありません。

時間をかけているのに成果が出ない・・・という方は、この
ようなことを意識してみてはいかがでしょうか。


■メールマガジン
中学受験算数の攻略法をメールマガジンで配信しています。
希望される方は、こちらからご登録ください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=tkn910