中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

中学受験の戦略

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

| HOME | 問題集を「仕上げる」とは・・・ |

更新日 2017-09-16 | 作成日 2011-06-01

問題集を「仕上げる」とは・・・

「問題集を仕上げたのに成果が出ない」という話がよくあります。一方で同じ問題集を仕上げて大きな成果が出る受験生もいます。

この違いが生まれる原因は、多くの場合「仕上げる」という言葉の意味の解釈の違いにあります。

各問題の理解状況は、次の4段階に分けられます。

×:解けない(解説を読んでも理解できない)
△:解けない(解説を読めば理解できる)
〇:解ける(時間をかければ解ける)
◎:解ける(反射的に解ける)

同じ「仕上げた」でも、成果が出る受験生は「◎」が多いのに対し、成果が出ない受験生は「○」が多い傾向があります。

例えば、私は難関校受験生には「プラスワン問題集」を家庭学習の課題としていて、自己申告で9割程度が仕上がった段階で10問15分の確認テストを実施していますが、平均正解率は4割を切ります。

テスト後に残りの問題を解くと大体が解けるのですが、1問平均1分30秒の制限時間だと(解けるはずの問題の)半分も解けなくなります。

1分30秒という設定は、多くの模試が50分で25~30問(1問平均1分40秒~2分)であることが理由です。実際、サピックスの模試でも、プラスワン問題集の確認テストで8割以上取れる受験生は偏差値65以上を取れることが多いのに対し、確認テストで4割の受験生は50~55になることが多いです。

また、過去の受験生についても、筑駒、開成等の最難関校に合格した受験生が(プラスワン問題集の確認テストで)ほぼ8~9割取れていたのをはじめ、確認テストと入試の結果はある程度、比例しています。

例外もありますが、多くの場合、問題集を「〇」(時間をかければ解ける)で終わりにするか、「◎」(反射的に解ける)になるまで固めるかで、成果に大きな違いが出ます。

問題集を「仕上げた」のに成果が出ないと感じている方は、各問題が「反射的に解けるレベル」になっているかどうかを見直してみてはいかがでしょうか。


■メールマガジン
中学受験算数の攻略法をメールマガジンで配信しています。
希望される方は、こちらからご登録ください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=tkn910