中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

中学受験の戦略

中学受験算数専門のプロ家庭教師・熊野孝哉の公式サイト

| HOME | 入試直前期における知識のメンテナンスと補強 |

更新日 2017-08-10 | 作成日 2011-06-01

入試直前期における知識のメンテナンスと補強

今回の「プレジデントファミリー」の記事でも書きましたが、
算数の実力は「知識力・処理能力・思考力・ひらめき・粘り
強さ」の5要素の総合力によって決まると私は考えています。

その中で、最も短期間で強化しやすいのは「知識力」です。
掲載された記事の補足として、今回のメルマガは「知識力の
強化」をテーマに書かせていただきます。

知識力は「解法パターンをどれだけ多く、深く身につけてい
るか」という意味で、知識力が高いほど、典型題または典型
題に近い問題が解きやすくなります。過去問等の問題演習に
加えて、知識力の強化を重点的に行うことが、入試直前期の
効果的な戦略と言えるでしょう。

知識力の強化には「メンテナンス」「補強」の2種類があり
ます。「メンテナンス」は既に理解している(はずの)解法
の確認、「補強」は以前に学習して理解できなかった解法、
知らない解法の理解・暗記です。メンテナンスは「守り」の
学習、補強は「攻め」の学習と言えます。

入試直前期は、個人個人の状況にもよるので一概に言うのは
難しいのですが、メンテナンス:補強=8:2くらいの割合
で行うのが良いのではないかと思います。難しい問題や時間
のかかる問題を深追いせず、既にある程度理解している内容
を中心に広く浅く学習するのが良いでしょう。

メンテナンスは、少し易しく感じるレベルの問題を1問1分
程度の制限時間で次々に解き進めていく・・・という方法が
おすすめです。「時間をかければ解ける」というのではなく、
「反射的に解ける」状態に仕上げることが目的です。

補強は、やや難しく感じる(以前に感じていた)問題に取り
組んでみて、少し考えてわからない場合は(考えこまずに)
解説を読み、無理なく理解・暗記できそうなものを拾ってい
きます。特に、解法を知っていれば解ける「知識系」の問題
を中心に、「引き出し」を増やすことが目的です。

ブログで「知識系」の問題を少し紹介していますので、興味
のある方は、ご一読ください。

http://tkn910.blog90.fc2.com/blog-entry-6.html


■メールマガジン
中学受験算数の攻略法をメールマガジンで配信しています。
希望される方は、こちらからご登録ください。
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=tkn910